NPO食農ネットささかみ

活動レポート

これまでの活動をご紹介します
平成26年9月

9/27-28 ささかみで実りの秋を迎えました 稲刈りツアー


9月27日(土)、28日(日)の2日間、稲刈りツアーが開催され、パルシステム組合員さんを中心に、およそ60名のご参加をいただきました。

前日までの天気によって、田んぼの中はぬかるんだ状態でしたが、当日は好天に恵まれ、無事に稲刈りを行うことができました。参加者は、稲の刈り方・まるけ方の説明を受けた後、少々ぬかるんだ田んぼに悪戦苦闘しながらも、丁寧に稲刈りをしていました。

稲刈りの休憩中には、「第1回もみがらダイブコンテスト」が開催されました。参加者の皆さんは、田んぼの傍らに設置された「もみがらの山」に向かって、トラックの荷台からジャンプ!!全身もみがらだらけになり、体もチクチク…。忘れられない思い出になったのではないでしょうか。

圃場の脇では、どうやったら食べられるお米になるかを学ぶため、脱穀、籾摺り、精米までの一連の作業を体験してもらう「お米学習会」。なかでもみなさんが苦労したのは、ビンに玄米を入れ、棒で突いて精米する作業で、「なかなか白米にならないよ~!」とくじけそうになりながらも一生懸命頑張っていました。

そして作業を頑張った夜には「夕食交流会」。美味しい飲み物片手に、今年の新米を食べるという贅沢。さらには、ささかみ農協女性部の手作り料理と、ご馳走に囲まれての交流会は時間が過ぎるのもあっという間の楽しい一時でした。

2日目は「ささかみ道場」ということで、豆腐工場・うららの森へ行った後、「出湯自然養生園」にてささかみ昔話に耳を傾け、その後里山自然散策・しめ飾り作りの各オプションに分かれての体験を楽しんでいただきました。

今年も1年間のツアーが無事に終了しました。今年来てくれた皆さん、まだささかみに来たことがない皆さん、ささかみはいつでも皆さんのお越しをお待ちしています!また来年のツアーで会いましょうね!!

平成26年6月

6/28 新たな一年へ向けて NPO、食農協総会

6月28日(土)、NPO食農ネットささかみ第10回総会と、食料農業推進協議会第14回総会が開催されました。総会では、2013年度の事業および決算報告とその承認、2014年度の事業計画と予算の承認について議論がなされました。

どちらもそれぞれの一年間の事業を振り返り、「今後のささかみの農業・地域をどうするか」といった意見を始めとして、各議案について各出席者からの活発な意見交換が行われました。

翌29日は総会出席者メンバーでささかみ各地を周りました。あいにくの大雨ではありましたが、豆腐工場・うららの森・倉庫を視察し、それぞれの取り組みや現状を実際に現場にて確認して頂きました。

6/21-6/22 生きものたちとの出会い♪ 生きもの交流ツアー


6月21日(土)、22日(日)と生きもの交流ツアーが開催されました。

田んぼの中の生き物に触れ、生きものの溢れる自然の大切さを知ってもらい、生きものがたくさんいる有機の田んぼの草取りもしてもらおう!というツアーです。

この時期は毎年天気が悪いのですが、初日は快晴!絶好の草取り日和でした。初めに、JA職員より、田んぼに生えている草の説明を受け、いざ田んぼへ!みなさん腰をかがめ、田んぼの中に手を突っ込み、「美味しいお米になりますように…」と願いを込めながら草をとっていただきました。

夜は恒例の夕食交流会。おいし~地ビールを片手に、参加者と地元生産者が語らうこの時間は、お互いに繋がるとても大切な時間です。天気も良く、交流会後にホタル観賞を実施!時期がまだ早く、田んぼ一面のホタル!!とまではいきませんでしたが、暖かい光で参加者の心を照らしてくれました。

2日目、前日の晴天とは一転、雨模様・・・でしたが、晴れ間を見ながらささかみ各地に分かれ、田んぼの生きもの調査を実施。田んぼの中にはヤゴ(トンボの幼虫)やもっと小さなイトミミズ、そして更に小さなミジンコなどの小さな生きものがたくさん!皆さん天気が悪いのも忘れて図鑑を片手に田んぼの生きものに目を凝らしていました。

お別れ会では、田んぼにいた生き物を、顕微鏡でスクリーンに映して観察してみました。ヤゴの目、ミジンコの顔、イトミミズが土を耕す光景。普段は絶対に目にする機会の無い世界に皆さん見入っていました。

みなさんが草取りを頑張った田んぼ、生きもの調査をした田んぼも、9月には収穫の時期を迎えます。ぜひ、美味しい新米を食べにささかみにお越しください!待ってま~す!!

平成26年5月

5/24-25 みんなで協力!田植えツアー

みんなで協力!田植えツアー
みんなで協力!田植えツアー

5月24日(土)から25日(日)の2日間で恒例の田植えツアーが開催されました。

ツアー前日までは天候も悪く、心配していましたが、当日の天気は…晴れ!!無事に皆様をお迎えすることができました。

初めて田植えをする方も多く、悪戦苦闘しながらでしたが、地元生産者の温かい指導を受け、皆さん声を掛けあいながら、楽しく作業をしていただけました。

今回は、参加者の子供たちに「富士笠」を配ったり、休憩(「小昼」こびる)におやつを用意したりと、昔ながらの田植えの雰囲気を出す工夫をし、参加者の皆さんに味わっていただきました。

夜はもちろん、おいしい飲み物をいただきながら交流会!参加者と地元生産者が熱く語り合う機会は滅多にないもの。お互いの顔が見える関係を築き、これからの日本の農業を、生産・消費の両面から支えていけたらと強く感じました。

2日目は、「ささかみの季節を感じるトレッキング!」と、「ささかみのおいしいお米とおいしい水で、草もち作り体験!」の2班に分かれてささかみを満喫していただきました。

終わってみれば、あっという間の2日間でしたね!これを機会にまたささかみに遊びに来てください!!

  • 生きものとの共生を目指す

ピックアップ

  • JAで新たに給与受取口座を指定すれば松下奈緒さんのQUOカード5,000円プレゼント!
  • JAグループ新潟
  • JATM・JAネットバンク等のサービスを一時休止させていただきます。
  • JAグループ新潟
  • JAバンク
  • JA共済
  • 農men no life
  • かかしさん
  • みんなのよい食プロジェクト
  • 農net日本農業新聞